独学で英会話、英語、英文メールの例文、文例の学習

よく使う英会話の例文、文例をパッと見て自然に覚える


よく使う英会話の例文 英会話文と文をつなぐ例文

便利な動詞Get, Take 中級英会話の例文一覧

英会話基本文の例文 基本英文の例文一覧

疑問英文の例文一覧 英語文法学習

英語メール作成の例文 英語論文作成用Native文例

米新聞分析 一人で英会話 一人で英会話2

英語プレゼン他の例文 旅行、国際会議の基本英文の例文

”楽しい英語”トップに戻る

Kusumotoエンタメ版

映画>1000本以上の面白かった映画、一度見れば十分な映画一覧

失敗、批判、反対意見、当たり前  (73万アクセス/年 たぶん本当。)


<日常会話>

おはよう! Good morning!  欧米人は、Good morningと言われたら、何か返事しなければならないと考えるので、むやみやたらに声をかけないこと。

おはようございます。 Good morning Mr./Mrs.○○!(あなたが良い朝であるようにという意味)

こんにちはの意味で午後にGood afternoonとは言わない。

こんにちは Hello!(アメリカ人以外は、日本語の「こんにちわ」の方が無難)

英語圏の外国人と出くわした時 Hello!

>Hi !(Hi (ハイ)はHow are youという意味 でハローよりもくだけた表現。初対面でも使い敵意が無いことを示すが、発音の悪い日本人はヘイ!に聞こえるかもしれないのでハローの方が無難かも。

ホテルなどで朝にエレベータに乗り合わせた時 Good moring! (初対面でも使い、敵意が無いことを示す)

(知り合い、仲間に対して)こんにちは、 調子はどう? Hello. How are you doing?

返事 Really good.(いいですよ)/ Great.(最高さ)/ Pretty good.(かなりいいよ) / Same old, same old.(まあまあかな) / Not bad.(悪くはないね)

How are you?は、現在では死語("ごきげんいかがでござるか"とか、しかたなく「こんにちは」いう感じ)。

欧米人は、How are youと言われたら、「何か返事しなければならない」と考えるので、むやみやたらに声をかけないこと。欧米人は、お店で「いらっしゃいませ」といわれたら、何と返事してよいか、考え込むという。よって、欧米では「いらっしゃいませ」の表現はしないそう。

I amは死語で、現在ではネイティブには、「私は〜でござる」と聞こえている。よって現代では、I amは I'm(アイム)ということ。

水をそそいでくれる? Can you pour the water?

もちろん。好きな時に言って。 Sure. Say when.

〜しようか?(例> 私が食器を洗おうか?) Do you want me to do the dishes?

〜しに来ない? Why don't you come 〜?

相手が何と言ったか分からなかった時 Excuse me?   Pardon?は今は古い言葉

どうしました? What's the matter?   (現代ではWhat isとはいわず、What'sという)

どうしたの?  What happened?(何があったの?、何が起こったの?)

私は、大丈夫、心配なく、気にしないで。 Don't worry about me./ Dont worry

病人扱いしないで。 Don't take care of me.

じゃましないで。  Don't bug me.

じゃましてごめんね。 I'm sorry to bug you.

(応援で)行け、行け! Go, go!

(応援で)もう少し! Almost!

(応援で)惜しい! Close!(クロース 注>クローズではない)

頑張って!  You can do it!

映画を見にいかない? Do you want to see a movie?  Do you want to ○○?で〇〇しませんかという意味

〇〇がじゃましてくる  〇〇 is bugging me.

食べるのが楽しみだ。 I'm looking forward to eating it.

(〜して)ごめんなさい  Sorry, I'm ○.   Sorryだけでは、横柄に聞こえる

トイレはどこにありますか?  Where is the restroom?(公共の場でトイレを聞く時)

Where is the bathroom?(知人の家でトイレを聞く時)

(友人に対して)トイレ借してくれる? Could I use your bathroom?

ここの辺りに住んでいるの? Do you live near here?

(男の人に対しての呼びかけ)すいません! Sir !

(女の人に対しての呼びかけ)すいません! Madam !(発音としてはマム!)

新年の準備はどんなことをするの?  What do you do to welcome in the New Year?

がっかりだね。 That's disappointing.

それは残念だね。 That's too bad.

イライラする。 That's annoying.

さっさとやれ  Move it!

そのままで、現状で As is 例 use as is.(そのまま使う) I bought the car as is. その車を現品で買った。

気温は何度?  What's the temperature?

What is the temperature?はTemperatureって何?という意味。

いい匂い! Smells nice!, Smells good!, Smells delicious.

宿題は終わった? Did you do your homework?

今、やっているところ I'm working on it.

食べ終わりましたか? Are you done?

まだ食べています。 I'm still working on it. 

大変そうだね  That sounds like a lot of work.(直訳 それは多くの仕事のように聞こえる)

まあね。 Kind of.

アメリカの重さ表示 1ポンド(pound, lb) =約450g、1オンス(ounce)=約28g、 「$3 lb=1ポンドあたり3ドルという意味」

(他人が言ったことに対して)面白いね。 That's funny.

私は〜をする気がある  I'm game.

私を迎えに来て  Pick me up !

その鉛筆を拾って  Pick up the pencil !

<ほめる言葉、励ます言葉>------------

がんばって Good luck.

やさしいね You are kind.

すごいね  Great.

きっとできるよ You can do it.

一緒にやってみよう Let's try together.

一緒に頑張ろう Let's do our best.

やったね You did it.

やったー I did it.

あきらめないで Don't give up.

良かったよ Good job.

---------------------------------

〜はいかがでしたか? How was 〜?  How was your flight? 空の旅はいかがでしたか?

○○した方がいいんじゃない? Why don't you ○○?

さあ、どうぞ。    Here you go!

いいなあ、うらやましいな I envy you.

(相手の言う事に対して) 分かった。 I got you.(ガッチャ)

忙しそうだね。 Sounds busy. Sounds〜で、「〜のように思われる」という意味で、Sounds good(いいね)、Sounds nice(いいね)、

Sounds interesting(面白そうだね)、Sounds difficult(難しそうだね)、Sounds fun(楽しそうだね)という意味。

うーん、おいしそう。Mmmm, looks yummy.

まずい! Yuck!(ヤック)

おしい! Close!(クロース)  クローズではない。

あぶなかった Nearly!

あぶない! Watch out !   又は Look out !

大丈夫? Are you all right?   (all right =よろしい)

ありがとう、そうする。 Thank you. I will.

ありがとう Thank you  (米国女性はThank you so muchという場合が多い)

Thank you very much は丁寧すぎて聞こえる

(親しい人に対して)調子どう? How are you doing ?  又は、What's up?

又は、What's new? (何か新しいことある?という感じ)

どうしたの? What's wrong?

気分がよくないの。 I’m not feeling well.

別にたいしたこと起きてないよ。 Not much.

特にないよ。 Nothing in paticular.

ないね。 Nothing.

後でね。 Not now. ( 直訳 今じゃない )

私は〜したい気分だ。 I feel like 〜ing.  I feel like eating pizza.(ピザを食べたい気分)

私は〜したくない気分だ。 I don't feel like 〜ing. I don't feel like studying.(勉強したくない気分)

私はイチゴが好きじゃないですよ。 I don't like strawberries.  do notを短縮形にすること。短縮形は単に言葉を省略しているわけではない。

短縮形にしないと”語気を強めている”風に聞こえるらしい。

I do not like strawberries.→ Nativeには”私はイチゴが好きじゃないといっただろう!”と脅すように聞こえているらしい

You had better〜もYou'd better〜に、You have to 〜もなるべく使わずに、How about 〜ing 〜を使用したほうがいいらしい。

お昼はソバを食べようかなと思う。 I feel like I 'll have soba for lunch.   I feel like〜で、〜したい気分という意味

thinkは、「完全にそうだ」と断定するいいかたで、思う程度ならguessを使う事。

 I feel I'll have soba for lunch.では、「食べたくないけれどソバを食べさせられる気がする」という意味になる。I feel〜は、〜させられる嫌な予感がするという意味。

京都は嫌いと言っているでしょう。  I do not like Kyoto.(do not という風に、〜not というと、絶対イヤという感じに受け取られる。)

京都は嫌いです。  I don't like Kyoto.(短縮形)

参考にした本> 「日本人のちょっとヘンな英語」、デイビット・セイン、アスコム社 ←ためになる、お勧めの本です。

(店員さんが)何をご希望ですか? What would you like?

店員さんがどのサイズにしますか? What size would you like?

Mサイズでお願いします。 I'd like a medium.

彼女はすごく怒っていた。 She was very angry.(イライラしていたという言い方)/ She was really angry.(少し怒っていたという言い方)

嫌になるぐらいとても暑い。 It's very hot. (veryがつくとイヤ感を強調する)./ It's really hot. (普通にとても暑かった)

リビングルームを探してみたらどう? How about go and look in the living room?  

ピクニックしましょう。 Let's have a picnic

これはどういう意味? What does it mean?

XXXXは、日本語では何というの? How do you say XXXX in Japanese?

xxxxは、英語では何というの? How do you say xxxx in English?

休み時間(休憩時間) 米国 recess (リーセス) 英国 break (ブレイク)

なるほど。 I see.

(相手が○○と言ったことを受けて)そうなの? Are you?

〜? 残念ですが違います。 I'm afraid not.

ヘトヘトです。  I'm exhausted.

少し疲れた。  I'm tired a little.

とても疲れた。  I'm very tired. / I'm so tired.

お疲れ様。 You must be !

今日は暑い  It's hot today.       Today is hotは 「今日」というのは 、暑いという意味

お待ちしています。 I'll be waiting for you.         I'm waiting.は、「待っているんだけど、早くして」という意味。

公園で待ち合わせね  Meet me at the park.

駅で待ち合わせしよう Let's meet at the station.

仕事に行って来るよ    I'm off to work.

もう一度お願いします。 Once more please.

残念だ。 That's a pity.

今週末の予定ある? 特にないよ。 Do you have any plans for the weekend?  Not really.

じゃあね。8時ごろに帰るよ。 Bye. I'll be back around 8:00. 

行ってくるよ。じゃあね。  I'm leaving. See you. 

行ってくるね。  See you.

いってらっしゃい  See you.

えーっと、  Let me see, 又は Well,

おや、おや、おや  Well, well, well

おなかすいた     I'm hungry. 

おなかがとてもすいた I'm very hungry

おなか少しすいた  I'm a little hungry. I'm a bit hungry.

あなたは何のためにあれをやるの?  Why do you do that?

なるほど  I see.

よい一日を  Have a nice day.

よい一日を  Have a good day.

楽しんでね   Have fun.

あれは猫? Is that a cat? That is a cat(あれは猫です。の疑問形)

そんなこともない 又は まあまあだね  Not really.(yesとnoの中間を示す時)

元気(正確には、あなたの具合はどう?という意味)  How are you doing?

私は元気です。  I'm good. アイム グッド

    I am good.アイアム〜は死語で現在ではネイティブには、「私は〜でござる」と聞こえている。よって現代では、I amは I'm(アイム)ということ。

私はすごくいい。 I'm great.

まあまあです。 I'm OK.

病院で先生が患者の具合を聞く時もHow are you?と言う

元気です。 I'm fine. は死語で、Really good.

眠いです。 I'm sleepy.

うれしいです。 I'm happy.

疲れています。 I'm tired.

ひどいよ。 I'm terrible.

怒っています。 I'm angry.

会話で最後にand you?をつけると、会話がスムーズに進む。

(相手の言葉に対して)光栄です。  It's my honor. / It is my honor.

〜。あのね、〜別の話題 親しい人に話す時は、You know what?又は You know something?又は Guess what?

〜。ところで、〜別の話題  By the way,〜はおおげさに聞こえるので、日常会話ではIncidentally, ○○がふさわしい

○○って、どんなものなの? What is it like ○○?

じつは、あのね、あのですね、そうだ!〜  You know, TANAKA〜

しまった!  Oh no !  or Oops !

あちゃー! Oh my gosh! ( goshはgodの婉曲表現 しかしキリスト教徒で無い場合は、言わない方がいいという意見もある)

うそでしょー。 No kidding !

信じられない! No way!

間に合う、遅れるな in time  >Just in time ジャストインタイム→ ジャスト インタイム

予定通り  on time

(親しい人に対して)ちょっといい?+誘う、提案、忠告、うわさ話 Look !, ○○〜

(親しい人に対して)ねえ、ちょっと聞いて+誘う、提案、忠告、うわさ話 Listen !, ○○〜

さようなら   See you 又はBye.  バイバイは、赤ちゃん用語に聞こえる(ワンワンやニャンニャンのような感じ)

Good byeは、ネイティブには「あばよ」と聞こえているので使わないこと。

またね  See you soon

ありがとうね  Thanks

ありがとう    Thank you.

どうもありがとうね   Thanks a lot.

どうも、ありがとうございます。 Thank you very much.

本当に、ありがとうございます。 Thank you so much.

感謝しています。 I appreciate it.

私にまかせて。 Leave it to me./ Sure. Leave it to me!(もちろん、私にまかせて)

/ Absolutely. Leave it to me.(絶対に、私にまかせて)

すごい  Amazing! / Terrific!

すばらしい Fantastic!

信じられない Incredible!

(物を取ってと頼まれて渡す時の)はい、どうぞ Here you are.

手伝ってくれる? Could you give me a hand?又はGive me a hand!. 

外国人がHelp meと聞くと犯罪や救助レベルを想像するので、手伝う程度では使用しない事。


<多少かしこまった言い方>

お名前は何でしょうか? May I have your name ?

I'm Taro. Taro TANAKA.(欧米では名前が先で、姓が後。)

What's your name?は「あんたの名前は?」と聞こえているので使わない。

(初対面の人に)はじめまして、お会いしてうれしい Nice to meet you! 又は I'm glad to meet you.

(一度会ったことのある人に)お会いしてうれしい Nice to see you! 又は I'm glad to see you.

どのようにおじぎをしますか? How do I bow?

かしこまりました。(分かりました。) Certainly.

はい、どうぞ。  Here you go.

私の誕生日は9月10日です。 My birthday is September 10th.

○○までの行き方を教えてくれませんか? Could you tell me the way to the ○○?

どうやったら○○まで行けますか? How can I get to the ○○?

何か飲み物はいかがですか? Would you like something to drink?

コーヒーをください  I'll take coffee.    I want coffeeは”コーヒーくれ”と聞こえるので使わない

水をもらえますか?  Can I get water?    〜を下さい。はCan I get ○○?

(食事で)何がいいですか? What would you like?

私は、中国料理がいい。 I'd like Chinese food.

ご自由にどうぞ  Please help yourself.

すいません。AAA駅がどこにあるか知っていますか?  Excuse me. Do you know where AAA train station is?

世界遺産をいくつ、あなたは知っていますか?  How many World Heritage Sites do you know?

別のものと交換出来ませんか? Could I exchange this?     changeは作り変えるという意味。exchangeは交換 

もういりません(結構です、不要です)。 Thanks. but no thanks. No thank youは”もう結構!”と聞こえるので使わない

商品を手に取って見ていいですか? Can I look at it?

丁寧な質問 Excuse me, will you please tell me where the restroom is?(すみませんが、お手洗いはどこですか?)

Where is the toilet?は「便器はどこ?」と米国人には下品に聞こえるのでレストルームで表現する。

キュウリは嫌い ⇒ I don't like cucumbers(子供がキュウリきらーいという感じ)、I don't really like cucumbers.(私はキュウリは苦手。という感じ)

私は彼がキライ    I don't really like him.(私は彼が苦手。)/I really don't like him.(私は彼が本当にキライ。)

月曜日に、長い会議がある予定だ ○ There'll be a long meeting Monday (月曜日に長い会議がある)

× A long meeting will be Monday (月曜日に長い会議が存在するようになる)

「休み」の使い分け> Vacation(バケーション、やるべきことが"何もない"という意味、夏休み→サマーバケーション)、rest(レストランのレスト、活動後に体を休める、休憩する)、Break(コーヒーブレークのブレーク、一時中断して取る休憩(また再開することが前提))

この乗り物は運転休止中です。 This ride is out of service.

何の研究をするつもりですか? What research will you do?

私の印象としては「彼女はその会社を売ってもよい(that以降の文章)」という感じです。 My impression is that she's willing to sell the company. .

、何よりも〜  People float and, above all, relax.

アイアム〜は死語で現在ではネイティブには、「私は〜でござる」と聞こえている。よって現代では、I amは I'm(アイム)ということ。

もう少しゆっくり話してもらえますか? Could you speak more slowly, please?     依頼ごとはWould you〜はイヤミに聞こえるのでCould you〜が無難。

体が触れた時にあやまる(他人に軽く迷惑をかけた時) Excuse me. (I am sorry, Sorryは日本人的発想)

○○についてあなたのご意見はどう(何)ですか? What [ is your opinion about ○○?]

○○についてあなたはどう(何を)思いますか? What [do you think about ○○?]

○○についてどのように感じますか? How [ do you feel about ○○?]

私は京都に行きたい。 I want to go to Kyoto.  ふつうの言い方(赤ちゃん語)

I would like to go to Kyoto. 丁寧な言い方。(私は京都に行きたいです。)

that以下は、本当に大丈夫?  Are you sure [that] 文

私を信用して! Trust me!

どういたしまして  Sure, no problem  You're welcome.は偉そうに聞こえるから言わない

(話が聞き取れなかった時)何ですか?  Excuse me?. 最近はPerdon ?とはいわないらしい

彼女のことを嫌いってこと?  You mean (that) you don't like her?

 You mean +文?で、〜ってこと?という確認の意味

(人に話しかける時の)すいません(自分一人の時)、 〜  Excuse me!, 〜

(人の前、後ろを通ったりした程度のごめんなさいとか、ちょっとどいてという時の)ごめんなさい(自分一人の時)

Excuse me. 自分を含めて複数いる時は、Excuse us.

くしゃみする時 Achoo! (アチウー)

くしゃみした後 Excuse me. (失礼!という感じ)

(くしゃみした人に対して)お大事に!  Bless you.   もともとはGod bless you(神があなたを守るように).だった。

あなたの身長はいくつですか? How tall are you?

あなたは何歳ですか? How old are you?

体重はどのくらいですか? How much is your weight?

あなたはその映画を見た事がありますか? Have you seen the movie?

私はその材料について調査したことがある。  I have researched about the materials.

私は大学のときにテニスをやった[経験した]ことがある。 I have done tennis in college.

そう思わない? Don't you think so?

食べないの?  Don't you eat?

彼のピアノ演奏はユニークだと思わない? Don't you think (that) his piano playing style is unique?

Don't you think that +文 で 「文」だと思わない?

へー、そうなの?  Really? 又はIs that right?

ほんとに? ウソー! Really?

おっ! Wow!

こっち、あっち  Over here (こっち)、Over there (あっち)

(相手の説明に納得して)分かりました。 I understand 又は、I see 又は、I got it.とか、省略してGot it.

understan、see、got itの順でカジュアルな言い方になる。I got itが一番カジュアル。

分かった?  Have you got it? 省略してYou got it?、又はGot it?

分かりました。 I got it. 又は略してGot it.

道理にかなってる。/なるほど。/ごもっとも。 That makes sense.

make は 「あるものを別の状態にする」という意味だからsense(意味、道理)で 「〜という意味になる」ということ

確認の意味でこれは理解できますか?

(Nativeに対して)これは通じる? Does this make sense?

私は、〜 と思う。 I guess 〜

I think (that) 〜(〜以降は文章、thatは言っても言わなくてもいい)

thinkは、「〜と確信している」ぐらいの強い意味があるので、日本人が使う「〜と思う」ぐらいの意見はguessを使用すること!

 バカの一つ覚えのように、何でもI think 〜で始めない。例えば、In my opinion, ○ seems(見える、思える)〜とかにする。

私は運が良かったと思う。 I guess I'm just lucky.

guessは主に口語で俗っぽい言い方。

運が良かったと思います。 I'm just lucky, I guess. (上記よりさらに口語的な言い方)

私は〜と思う(感じる)。  I feel that 文

タクシーが(ホテルに)いる。 There is a taxi.

タクシーは(ホテルに)いますか? Is there a taxi?

塩、とってください。 はい、どうぞ  Pass me the salt, please.  /  Here, you are.

何?                  What?

あれが富士山で、私はそれに5回登ったんだ。  That is Mt. Fuji, which I climbed five times.

いったん仕事を始めれば、それがいかに簡単かわかるでしょう  Once you start working, you'll see how easy it it.


外国人の同僚の前で日本語で話す場合のあやまりの一言  Excuse our speaking in Japanese.

2 + 1 =     > Two plus one equals 〜

8 - 4 =    > Eight minus four equals 〜

7 x 3 =  > Seven times three equals 〜

10 / 5 = > Ten divided by five equals〜

<that特集 >-------------

thatを使いこなせ!thatを意識せよ。

私は、〜 と思う。 I think (that)+文 (thatは言っても言わなくてもいい)

例) I think that [you are beauty].

私は[あなたは美人である]ということを思う。  簡略版 ⇒ 私は、あなたが美人だと思う。

文中のthatは、たいがいは「〜ということ」という意味。

文中で、thatが出て来た時、「あの〜」という意味でなければ、「〜ということ」と考えて、その次に「独立した文が来る」と思えばいい。

話す場合は、I think that / you are beauty.と区切る。実際にNativeはこのように区切って話している。正式な文章、かしこまった言い方ではthatを言っており、くだけた感じではthatは言っていない感じのようだ。thatを言わない場合は、I think / you are beautyと区切る。

例) It was observed that the intensity increased with increasing La-content.

ランタンの量が増加するにしたがって、その強度が増加する」ということが観察された。 

例)An additional parameter that can lead to modification of the dielectric properties is stress.

An additional parameter [that] can lead to modification of the dielectric properties is stress.

誘電特性の改善に導くことが出来る[という]追加的なパラメータはストレスである。

-----------------------

私は、〜 と思う。(別バージョン) 〜, I guess.

以前どこかであなたにお会いしたと思います。 I think we've met somewhere before.

もしよかったら、〜です。 If you like, 文〜 例) If you like, you can take it.

もし、あなたが望むなら、〜しましょう。 If you want, 文〜 例)  If you want, I give this.

あなたは、どうするつもりですか? What will you do?

すみませんが、〜していただけますか? Excuse me, Could you +動詞の原型 〜 ? (口語)

すみませんが、〜していただけますか? Excuse me, Would you +動詞の原型 〜 ? (文章語、口語、見知らぬ人向け)

Wolud you〜は、Can you 〜やCould you〜よりも丁寧な言い方。

Would youやCould you〜の後には、省略されているが本来は if〜文がついていて、「もし、○○ならば〜」という意味が含まれている。

私は、〜してもいいですか? Can I +動詞の原型 〜? 例) Can I ask a question?

May I +動詞の原型 〜?例) May I ask you a question?でもいいが、

Nativeによると丁寧過ぎるので、Can I の方がいいとの事。

May I〜は相手に判断を任せる時に使う。

ちなみに、May I〜に対する返事はsure(もちろん)で返す

友人に対してトイレ借りていい?は Could I use your bathroom?

注> Can I〜、の言い方は子供っぽい表現なので、ビジネスシーンでは、Would you mind if I 〜(私が〜してもよろしいでしょうか?)の方が失礼にならないらしい。

〜してもいいですか? Is it OK, if I 〜?  

Is it ok if I come in?   入ってもいいですか?

別の言い方>  Do you mind if 〜?

Do you mind if I touch it? 触ってもいいですか?

〜してもいいですか?の返事  OK(オーケー)とか、Sure(いいです)とか、Why not (もちろん)

注) Why notは多用しない事。イヤミに聞こえるそうだ。

お忙しい所、申し訳ありませんが、〜させて頂いてもいいですか?

例)Excuse me, I know that you are busy, but can I 〜

〜させて頂きます。  I would like to 動詞の原型〜

遅れてごめんなさい。 Sorry (that) I am late.

〜してごめんなさい。 Sorry (that)  〜

(本当に)大丈夫? Are you (quit) sure?

sureは「確かな、必ず、確信している」という形容詞、副詞    例)sure method 確実な方法

(普通の)大丈夫? Are you all right? 又は Are you OK?

〜については、〜に関しては〜である As for〜, 〜 又は、For 〜, 〜

As for〜は文頭にし使えない、forは文頭に使える。

With regard to 名詞, 〜 (主に文章用?)

お名前は何でしょうか? May I have your name ?

I'm Taro.Taro TANAKA. And you're?と聞く。

What's your name?は「あんたの名前は?」と聞こえているので使わない。

(くしゃみをした人に対して)お大事に! Bless you!

(May God bless you.神様があなたを守るようにという意味の省略 系)

〜ですね? > はい、あなたのおっしゃる通りです。  Right! 又はThat's right.

そのとおりです。 Absolutely. (Yesで済む所を、強調する時に使う)

> いいえ、そんなことありません。  I don't think so.

あなたは日本の居住者ではありませんね?  You are not a Japanese resident, are you?

もうこれは必要ありませんね?   You don't need this any more, do you?

何か問題が生じましたら、私にご連絡ください。 If any problems arise, please notify me.

誰かから電話があったら、伝言を聞いてください。 If anyone calls, please take a message.

たとえあったとしても、残りのスープはあとわずかでしょう。 There will be little soup left over, if any.

もし、スパムメールが100件入ってたらどうする? What if you get 100 spam e-mails ?  

What if +文 で、「もし、文 だったらどうなるか?」

博士号持っていないけど、それが何か? So what if I do not have doctor degree ?

家に帰る途中でごみ袋買ってきて  Please buy some trash bags on your way home.

on one's way で〜の途中という意味

on your way to schoolで学校に行く途中

それは〜ですか? Is it  〜 ?

Is it a direct flight?   それは直行便ですか?

どうぞ席におすわりください。 Please be seated又はPlease take a seat.

Sit downは親が子供に命令する口調。(家庭内語)

彼女のことを嫌いってこと? You mean (that) you don't like her?

You mean +文?で、〜ってこと?という確認の意味

そのとおり   Exactly!, 又はAbsolutly!

我々は、敵を倒さなくてはいけない。 (標準的な言い方) We must destroy the enemy.

敵を倒すのだ、我々が。 (威厳が出る言い方) Destroy the enemy we must.

私は英語が苦手です。 I'm not good at english.   (I am=I'm) not good at 〜で、〜が苦手です。

アイアム〜は死語で現在ではネイティブには、「私は〜でござる」と聞こえている。よって現代では、I amは I'm(アイム)ということ

タクシーが(ホテルに)いる。 There is a taxi.

タクシーは(ホテルに)いますか? Is there a taxi?

何? What?

材料研究で有名な大学はどこですか? Where is famous university relating to materials research ?

〜ということですか? Are you saying that +文?

〜のような気がする。I feel like +文.

当分の間、 For now,

今後、この先ずっと  From now on, 〜

〜と聞いています。I hear that 〜

もし私だったら、〜 If I were you,

最後には、〜 In the end, 〜

念のために、〜Just in case, 〜

そんなわけで、〜That's how,〜

だから、〜Tha's why, 〜

実をいうと、〜 To tell you the truth, 〜

元気でね。 Be good.

どうして? For what?

手伝って Give me a hand.

続けて  Go on.

しっかり! Hang on!

どうでした? How was it?

おや、まあ。Oh, dear!

なんといってよいやら。Sort of.

それはよかった That's good.

その通りです。That's right.

さあねえ。Who knows?

そうしてください Would you please?

そういうことです。You got it.

あのね、You know,〜


よく使う英会話の例文 英会話文と文をつなぐ例文

便利な動詞Get, Take 中級英会話の例文一覧

英会話基本文の例文 基本英文の例文一覧

疑問英文の例文一覧 英語文法学習

英語メール作成の例文 英語論文作成用Native文例

米新聞分析 一人で英会話 一人で英会話2

英語プレゼン他の例文 旅行、国際会議の基本英文の例文

”楽しい英語”トップに戻る

Kusumotoエンタメ版

映画>1000本以上の面白かった映画、一度見れば十分な映画一覧

失敗、批判、反対意見、当たり前  (73万アクセス/年 たぶん本当。)