「流れ作業」で英語論文を作成


論文は何を主張したいのか、データで示す、先行研究について触れてどこまでが他人の先行研究で、どこからが自分の主張かを強調すること。

1.「イントロダクション、導入部、背景説明」部分

2.「実験方法」部分

3.「結果と考察」部分

4.「結論、コンクルージョン」部分

5.「キャプション、図表の説明文」部分

6.「参考文献」部分

7.「アブストラクト、要約」部分

英語論文作成用Native文例集

Weblio英和・和英辞典    グーグルスカラー

英語論文作成時のチェックポイント、論文投稿、査読対応関係のページ>

”楽して英語”トップに戻る

使い方> 各項目の例文中の単語を入れ替えて、流れ作業で英語論文を作成。

 各項目で追加したい文章は、まず日本語で自由に記述し、後で英文に変換して、全体的に文調を整える事。


○ 一般に、社会においては「努力とは他人の目にどう見えるか」であって、「自分がどれだけがんばっているか」ではないからだ。

  by 知らない先生 >世界の選び抜いた名言・格言


当サイトはリンクフリー、作者に連絡の必要はありません。